リフォーム費用の2割以上を

リフォームは、数十万程度でできる場合もありますし、1000万円以上かかることもあります。どの程度リフォームするのかにより異なり、自己資金だけでできる場合とローン利用しなければいけない場合があります。ローン利用する際に気になるのが、自己資金はどのくらい用意しなければいけないのかです。どのようなローン利用するのかにより異なりますが、リフォーム費用の20%程度用意することがおすすめです。その人の収入、そして担保設定が可能なのかどうかにより変わりますが、費用全額をローン利用するのは難しいです。もし利用できたとしても、住宅ローンとリフォームローンの2つ支払いしなければいけなくなるため、返済できない可能性がでてきます。できるだけ返済できなくなる可能性を低くすることが大事になりますので、多く借りられたとしても減らすことが大事です。負担を少なくするためにもよいのが、最低でも20%程度の自己資金を用意しておきましょう。また、リフォームにお金を費用をかけすぎてしまうと、自己負担を用意しても返済負担が大きくなりますので、程々の内容にして無理しすぎないことも大事です。慌てずに入念に検討をして、負担が少なくできるようにしていきましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP