場合によっては贈与税の発生も

リフォーム費用をローンで支払う

リフォーム費用にローンは使える

住宅のリフォームであっても、新築や建売住宅を購入する場合と同様に、現金購入だけではなく、住宅ローンを組んで、費用を支払うことが可能です。通常、住宅ローンを組む場合、銀行としては、返済者を債務者としてローンを組みます。例えば、共働き夫婦であった、ローンの返済は、夫と妻で半々にするならば、住宅ローンの債務者は夫と妻の二人であり、不動産の取得者は夫と妻の費用の支出割合に応じて決まります。このようにしなければ贈与税が発生するリスクがあります。このほかにも、注意が必要とすることがあります。例えば、両親が現在住んでいる父親名義の建物に息子夫婦が同居することをきっかけに、父親名義の家を二世帯住宅にリフォームするといった場合で息子が費用を捻出することがあります。このような場合は、父親の不動産をリフォームすることで、父親の不動産の価値がリフォーム費用分上がったと考えます。この点について、特に何も対処をしなければ、息子から父親へ費用分贈与があったものと税務署は考え、贈与税を課税することになりますので、そのようなことにならないように、父親から息子へリフォーム相当額について不動産の持分を贈与するなどの対処が必要です。注意することはたくさんありますが、専門家などに相談しながら、計画を立てるのが良いです。

バックナンバー

↑PAGE TOP