お得な機会にリフォームを

減税を利用してお得にリフォーム

リフォームで減税される

マンション、一軒家、どちらにしても、リフォームを行うことで、減税となる項目があります。減税を加味して費用を計算することで、お得になることもありますし、項目のチェックをしてみましょう。項目としては、耐震、バリアフリー、省エネ、同居対応、増改築等と、5つに分かれます。耐震と、増改築に関しては、5年控除のローン型減税の場合、 一定のバリアフリー、省エネ又は同居対応改修工事と併せて行う場合に限ります。リフォームをすることによってかかる費用が有りますが、減税されることで、費用も結果的に安く済むということになります。内容によって、減税額であったり、控除されるものが異なってきます。他のリフォームと合わせて行った場合における最大の控除額は62.5万円となっています。ちなみに耐震リフォームの場合は、1年控除はありません。また、固定資産税に関しても、省エネの特例以外はありません。また、こういった制度の併用を行うことができる項目もありますので確認しておきましょう。税金が減額されることで、費用にも違いが出てきますし、リフォームをするときには確認をしてから行うと良いでしょう。賢くこういった制度を利用していくことはおすすめです。

バックナンバー

↑PAGE TOP